以前、営業マンがスタッフと良好なコミュニケーションを築くには、内線をしないでとにかく会いに行って直接話す事という事を書かせていただきました。

 それは、会う事が最強のコミュニケーションだからなのですが、今回はコミュニケーションの基本ルールというものをとても当たり前の事なのですが書かせていただきたいと思います。

 よくある残念な主に後輩、部下の行動なのですが、何等か相談に来るのですが、その後のレスポンス(報告)が何もない。自分の困った状況が過ぎれば後は知らん顔というケースが非常に多いのです。

 逆の立場ならとても残念で悲しい気持ちになると思うのですが、相談しても結果を報告していないケースは非常に多い気がします。

 ところが、これが社内スタッフ、同僚、先輩、上司から協力をもらい続けられるかの分岐点なのです。報告に来れば、教えがいがあるとなり、今後もどんどん協力したくなります。逆に報告がなければ、せっかく教えてやったのに教えがいのない奴となります。当然、今後の協力は見込めません。

 スタッフを含めて社内の協力が得られれば受注アップ、早く帰れるなど多数の恩恵があると思いますが、なぜ協力がなかなか得られないのか?と思った方は、事後報告をチェックしてみませんか。この基本、本当に忘れがちで出来ている人は少ないように思います。


※下記に関しては「お問い合わせ」より、お願い致します。
 ・メールマガジンの配信をご希望の方
 ・内容に関してのご質問
 

※読んでいただいてありがとうございます。
 クリックいただけると励みになります。宜しくお願い致します!

人気ブログランキング