だんだん年末が近づいてきて忘年会シーズン、営業マンにとっては接待シーズンがすぐそばまでやって来ました。

 接待の際にぜひ準備しておきたいのが得意先のご家庭へのお土産というのは以前(2016年9月)に書きましたが、普段の商談でも出来る営業マンほどお土産を持っていくそうです。
 
 お土産と言ってもお菓子などの食べ物ではなく、情報など得意先が仕事で役に立つ(喜ぶ)何らかをお持ちするということです。

 それは、事例でも店頭の状況でも新聞情報でも得意先が仕事で役に立つ(喜ぶ)なら何でも構わないのですが、出来る営業マンほど見積りなどのその日の用事だけでなく、お土産を用意して次回以降の種まきをしています。

 用事がなくなれば、アポイントを入れるのもなかなか大変になりますが、用事があるうちにお土産を用意して、次の用事を仕込んでおけば仕事が途切れず自然に受注が増えるとという訳です。

 ほんのひと手間ですが、確実に聞いてくるプラスワンの甘くないお土産、実践してみませんか?


※下記に関しては「お問い合わせ」より、お願い致します。
 ・メールマガジンの配信をご希望の方
 ・内容に関してのご質問
 
※読んでいただいてありがとうございます。
 クリックいただけると励みになります。宜しくお願い致します!
人気ブログランキング