数字が上がる!営業のコツ

数字で悩み日曜の夕方になると憂鬱になる営業マンの為の、数字が上がるコツを紹介するブログです。 23年間の営業経験の中で、私が実践して成功した事例をどんどん紹介していきます! 更に皆さんから色々な意見をコメントでもらい、みんなで活用出来るノウハウになれば最高です。宜しくお願い致します!!

タグ:お土産

 だんだん年末が近づいてきて忘年会シーズン、営業マンにとっては接待シーズンがすぐそばまでやって来ました。

 接待の際にぜひ準備しておきたいのが得意先のご家庭へのお土産というのは以前(2016年9月)に書きましたが、普段の商談でも出来る営業マンほどお土産を持っていくそうです。
 
 お土産と言ってもお菓子などの食べ物ではなく、情報など得意先が仕事で役に立つ(喜ぶ)何らかをお持ちするということです。

 それは、事例でも店頭の状況でも新聞情報でも得意先が仕事で役に立つ(喜ぶ)なら何でも構わないのですが、出来る営業マンほど見積りなどのその日の用事だけでなく、お土産を用意して次回以降の種まきをしています。

 用事がなくなれば、アポイントを入れるのもなかなか大変になりますが、用事があるうちにお土産を用意して、次の用事を仕込んでおけば仕事が途切れず自然に受注が増えるとという訳です。

 ほんのひと手間ですが、確実に聞いてくるプラスワンの甘くないお土産、実践してみませんか?


※下記に関しては「お問い合わせ」より、お願い致します。
 ・メールマガジンの配信をご希望の方
 ・内容に関してのご質問
 
※読んでいただいてありがとうございます。
 クリックいただけると励みになります。宜しくお願い致します!
人気ブログランキング

 9月は多くの企業が、上半期末を迎え人事異動などもあり、営業マンにとってもお得意先の人事異動、組織変更の情報収集活動や歓送迎会、決起会などの名目で接待も増える時期ですが接待で是非、心得ておきたい事って何でしょうか?

 これは、人や業界によって色々かもしれません。お店選びや人選など気を配らなければならない事はたくさんあるかと思います。でも、その気を配る先に是非入れておきたいのは、お得意先の家族です。

 ご接待するお得意先はある程度の決定権をお持ちの方が多いので、既婚で家族のある方です。それなら、お得意先が接待から帰宅した際の状況に是非、想像力を巡らせておきたいものです。

 お得意先の家族にすれば旦那さん、お父さんが仕事かもしれませんが自分たちがいるにもかかわらず遅くに酔って帰って来る。どんな気持ちか?

 お得意先が接待が終わって家に帰った時、どうあれば気持ちよく帰宅できるのか?接待内容(お店の内容など)を会話に出来るのか?

 答えは、お土産があるかないかです。しかも、それに対してお金を使った、使ってない(もらった)かです。

 要は、家族からお得意先と触れ合う時間を奪ってしまっている事への気遣いを考えて、奥様などのご家族が喜びそうなものをお持ち帰りいただく事を考えると、お得意先も帰ってからも気持ちの良い時間が過ごせて後日談が全く変わってきます。

 女性が対応してくれる店でも高級店ほどお土産を渡すのは、そういう事なんだと思います。

 私も今のところ100%喜ばれており、後日、お礼を言われたりお土産を購入したお店について質問を受けたりしました。これ、本当に大事です!


※クリックしてもらえると励みになります!
人気ブログランキング

 

↑このページのトップヘ