我々、営業マンは得意先から時に迅速な判断や見積り提示を求められる事があります。

 そして、その対応如何で受注、契約が決まる場面もあるかと思います。

 即断即決とはよく言ったもので、難しい判断だと思える様な事でも即答出来れば、商談はスムーズになり受注確度は上がります。

 では、どうすればその即断即決は可能になるのでしょうか?

 これは、2つのパターンがあるのだと思いますが、一つは準備です。

 予め商談前に得意先から要望されるパターンを想定しておき、見積りの譲歩可能な範囲、受けることが可能な範囲を会社と確認しているパターンです。

 もう一つは、腹のくくり方、営業マンとしての覚悟です。
 自分の判断にはなるのですが、この条件までは大丈夫、この価格までなら受けても大丈夫だという範囲が明確で、サラリーマン金太郎ではありませんが俺の判断とが正しくないなら、どうぞ処分してくださいという腹のくくり方(覚悟)があるのなら可能です。

 もちろん、2つめのやり方は勝手な行動になれば会社からは問題児となってしまいますので、普段から上司(会社)とコミュニケーションを取っておき、事後でも了承を貰える範囲を確認しておく必要はあります。

 逆に言えば、2つめの方法も普段から上司(会社)とコミュニケーションを取っておき会社の了承範囲を確認しておけば、十分可能な方法ではないでしょうか。

【まとめ】
 スーパーマンの様に思える、商談の場での即断即決、素早い判断は普段からの上司(会社)とのコミュニケーションと商談前にパターンを洗い出しておく準備にあります。
 コミュニケーションと商談前の準備で我々も即断即決が出来る営業マンになりましょう!