営業マンの話す言葉で、よく出てくる言葉は何でしょうか?これは本当によく出てくる言葉ですが「すいません」では、ないでしょうか?

 何を謝っているのかと思いますが、実は感謝していたり、恐縮している場合がほとんどで「先程は電話に出れなくてすいません」「そこまでして頂だいてすいません」などと使われます。

 これは実は、ほとんど全てが「ありがとうございます」に置き換え可能です。「お電話ありがとうございます」「そこまでして頂だいてありがとうございます」の様に。

 むしろ、「ありがとうございます」方が良いような気もするのですが。「すいません」が圧倒的に多いのが実際ではないでしょうか。

 会話で「すいません」を使うと対等な関係からは程遠い位置から会話が始まってしまいます。ところが「ありがとうございます」と感謝から入ると、全くもって対等な状況から会話が始まります。

 なぜ、わざわざ不利な位置からスタートしようとするのか?


 営業マンに交渉や商談の際の会話は空気を吸う様に日常的な事。それを、わざわざ不利な位置から始めるのは一体、何の修行なのでしょうか?

 私も以前は「すいません」を連発していました。そして「普段からそんなに謝っていたら、本当に謝る時はどうするんですか?」と言われて、やっと気がつきました。

 それ以来、意識して「すいません」を「ありがとうございます」にかえて営業してきました。今は、クレームを受けた時でさえ「ご指摘ありがとうございます」と言ってます。

 怒られることはないのか?正直な話、一度も怒られた事はありません。少し不思議な気もしますが。

 そして、気持ちが得意先相手であっても良い意味で対等に感じられる様になりました。これはきっと潜在的に意識が「すいません」だと卑屈に。「ありがとうございます」だと堂々として来るのかもしれません。

 とっても簡単な一言です。「すいません」を「ありがとうございます」に変えて、みなさんもポジティブ思考に変身してみませんか?


※参考になった場合、クリックいただけると励みになります。
 宜しくお願い致します!
人気ブログランキング