皆さんは新規開発の時など、えいやッ!とやれば何でもないのですが、弱気になって行動を躊躇してしまう事はないでしょうか?

 実は、私はそんな弱気と葛藤する事がよくありまして、行動が鈍る時に自分を励ましているのですが、数字を出す人はやはり、突進力もあるなとここ一週間で痛感しています。

 最近、大型のコンペ(競争案件)があり、提案前から提案後も追いかけ続けているのですが、トップ営業マンの行動力は違うなと痛感させられる一週間にもなりました。

 大型案件だけに上司である部長(トップ営業マンでもある)と役割分担して取り組んでいくのですが、本当に行動に躊躇する所がないのです。

 逆に言うと、だからチャンスを逃さない。逃さないというよりも50%の可能性ならば60%、70%と確度を上げて受注までこぎつけていくパワーがブルドーザー級でした。

 得意先の待合でキーマンを見つけたと思ったらもう走り出している。聞かなければ落ちると思えば、少々強引でも会いに行く(ノンアポでも待ち構える)といった事が、考えると同時に、もしかしたら考えるよりも早く行動しているように思えました。

 でも、よく考えたら当たり前の事で、全く当然の事としてこう言われたのでした。

 「躊躇せず行動した場合に何か失うものがあるのか?自分だけが意識している変なプライド以外に、何か差しさわりのあるものがあるのか?」

 もちろん、何もない訳です。ならば余計な事は考えずに突進(行動)すれば良いのになぜ?なのです。

 数字が出ないと嘆くのが嫌か?小さな自分だけのプライドが傷つくのが嫌か?少し考えれば最良の選択が出来るはずなのに、何も考えずに小さな自分だけのプライドを優先していた事に気がついたのでした。
 
 これは本当に分かっているけど出来ていない事の典型例の様に思えます。皆さんはいかがいかがでしょうか?


もっと情報をという事で「メールマガジン」配信希望の方は
 右下
「お問い合わせ」より、お願い致します。

企業の方は「営業改善」までお願い致します。
 
※最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 クリックしてもらえれば励みになります!

人気ブログランキング